鉄と木 Halo

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

A+storeとKAYANOCOFFE

先日、屋内の建築金物と傘立ての鉄格子を製作させて頂いた2つのお店が琵琶湖のほとりにオープンされました。

A+store
KAYANO COFFE

滋賀県大津市萱野浦12-3
10:00-17:00
close 水曜
DIY用品と上質な生活雑貨・植物
丁寧に淹れるコーヒーのお店



古材の壁面やホワイト×ネイビー×ホワイトグレーの内装がとても素敵な空間です。

棚受け用L字金物



階段手摺ブラケット



傘立て用鉄格子




塗料も豊富なA+storeで、早速いい色合いのBRYWAXを購入しました。新しい色で製作するのが楽しみです◎

春もすぐそこまで!
琵琶湖散歩の途中に、ぜひお出かけください♩
KAYANOCOFFEではおいしいコーヒーのテイクアウトもされていますよー!
スポンサーサイト
  1. 2015/03/11(水) 23:46:30|
  2. 作品紹介
  3. | コメント:0

オーダー製品製作中

寒い日が続きますね!
1月は毎年、あっとゆう間の様で長く感じます。
お正月がはるか昔の事の様~

昨年末から、つながりがつながり、建築金物から家具、小物までたくさんのオーダー注文を頂きました。

鉄と木Haloに注文頂いたことに感謝して、今ひとつひとつ製作しています。


こちら昭和45年生まれの現役プレス機。

想像以上に喜んでもらえる様なものづくりを目指して、順に製作しておりますので、少しお時間を頂きます。ご了承願います。

春にはまた、オリジナルプロダクトのイベント出店も計画中です。
またお知らせさせてもらいます。

春が待ち遠しい~!
  1. 2015/01/21(水) 12:56:07|
  2. 作品紹介
  3. | コメント:0

アイアンの値札

以前ご注文頂いた、
アイアン製の値札(プライスタグ)のご紹介です。


まずは、京都在住の女性陶芸作家さんからご依頼頂いた値札。
陶芸教室で先生もされている方です。

値札01


この値札は、
棚を作る際などによく用いる「アングル材」といわれる鉄を使っています。
アングル材は日本語では「山形鋼」ともいわれており、
お山の形をした鉄です。


サイズは、(お山の)一辺が2㎝で、板の厚みが約3㎜という小さなもの。
それをお客様のご希望に応じた長さにカットし、
面取り加工などの仕上げを施し、
表面には錆止めにワックスを塗ってあります。

表示する価格や商品名に合わせ、
左の1列分は少し長めにしてあるります。
(左一列は長さ約5㎝、その他3列は長さ約4センチ)

値札02

このように、価格を印刷したペーパーを貼るなどして使用致します。


次にご紹介の値札は、
滋賀県在住のアクセサリー作家「FIL」さんからご注文頂いたもの。

fbprice01.jpg


こちらは、約22ミリ×36ミリ、厚さ約3ミリのアイアンの板製。
面取り加工とワックスによる錆止め加工をした値札です。


こだわりはバランス。
いくつか試作して、納得いくサイズを探し出し、
お客様にご提案しました。

fbprice02.jpg

また、この商品はお客様のご希望で、
刻印による「名入れ」をしました。

使用方法は、先にご紹介の品と同じく、
印刷物などを貼って使います。

アイアン製の値札は、
紙や布製の値札とは異なり重厚感があり、
また小さくても重さがあるので安定してディスプレイできます。
そのため、屋外のイベントなど風のある場所でも使用できます。


ご希望に応じたサイズや数量に応じたご提案・御見積りをいたします。
お気軽にお問い合わせくださいませ。


失礼します。
  1. 2015/01/03(土) 17:39:46|
  2. 作品紹介
  3. | コメント:0

O様邸新築の階段手すり

こんにちは。


いよいよ残すところ2014年も後1日となります。
今年も沢山の方からオーダーを頂き、
多くの作品を工房から送り出すことが出来ました。
有難うございました。


製作や図面の作成に追われる日々で、
これまでに納めた仕事の紹介が後手になっていて、反省の日々です。


今回は、Haloが手掛けた「階段手すり」のご紹介です。


今回のお客様のO様とは、
とても縁のある関係。


京都に新築を建てられる際、
嬉しいことに、Haloに階段の手すりをご依頼を頂きました。


Haloの自宅にてデザインの打ち合わせをし、
図面を作成し、担当の工務店様からもアドバイスを頂き、
モチーフ・形状を決めていきました。


O様には、まだ幼いお子様がおられるので、
広い隙間の無い、安全な手摺にしたい。
そして、少し大正時代を想わせるレトロな雰囲気。


打合せ当初から、結構イメージがしっかりされていたので、
おおまかな設計は比較的スムーズに進みました。


リビングからまっすぐに2階に上がる階段。


日常の生活において、常に見えるな所にある階段手すりのため、
内装のデザインに大きな影響を与える。


そのため、CADを使って十分に検討し、
最終的には部分的なサンプルを製作し、
使用する材料の太さや配置の間隔などを実際に目で見て頂きました。


お客様にとっては、オンリーワンの品物。
そして、この先何十年と住み続けられる住宅の一部。


なので、Haloはいつもそのことを忘れず、
初心を大切にしてモノづくりに取り組んでいます。

tesuri01.jpg

角材の支柱を配した間に、
太さの異なる2種類の鉄の棒を用いて製作した手すり。


ハロが得意とする「手曲げ」によるモチーフと、木の風合いが、
なんともいえず大正モダンな感じです。

tesuri02.jpg


tesuri03.jpg

無垢材のフローリングを使用されているので、
家の中は素足で歩かれることも多いと思います。


手摺の支柱で足の小指とかを「ガツン!」と打って痛くならないよう、
踏板に取り付ける座金部分は、角を面取りしてあります。

tesuri05.jpg

安全性と手すり自体の「揺れ」を防ぐ目的で、
縦に伸びた支柱だけでなく、
2階部分の側壁(腰壁)にも手摺を固定してあります。

tesuri06.jpg
これで結構がっちりとした取付が出来ます。


また木と鉄の一体感を生むために、
木には彫り込みして鉄の手摺と組合せています。

tesuri04.jpg

今回は、お客様からのご注文でしたが、
施工される工務店様にも大いにご協力を頂きました。


Haloは鉄の部分を製作し、
錆止めの塗料(赤茶色の塗料)を塗った状態で現場に納品。


大工さんによって取り付け工事や、
手で握る部分の木を加工して頂きました。


また、仕上げのカラーリングは、
お客様と工務店の担当の方とで決めて頂き、
後日ペンキ職人さんにて仕上げて頂きました。


新築工事の場合は、
他の作業との兼ね合いもありますので、
Haloでは錆止め塗装までを行い、
取り付け工事や色の仕上げ塗りは、
工務店様にお願いしております。


もちろんリフォームなどにも対応致しますが、
状況に応じて、
どのような方法で進めるかは、
都度打合せにて決定しております。


このような新築の階段手すりは、
お客様と工務店様、そしてHaloとが話をしながら、
お客様の希望のデザインと、
現場での取付に問題がない形状など、
デザイン性と施工性を考慮しながら、設計を進めていきます。


基本的には住宅の図面をもとに、
CADを使って設計していきますが、
どうしても図面だけで良し悪しの判断が難しい場合もあります。


そんなときは、できるだけ
使用する材料や曲げ具合を実際見てご判断頂けるよう、
簡単なサンプルを製作することも可能です。


長く使われる設備なので、
イメージや図面だけで製作し、
実物を見て「・・・ちょっとイメージと違ってた。」とならないようにしたいので。


製作の流れは、
まずはおおまかなご希望のデザイン・形状に基づき、
概算のお見積りを致します。
(すでに計画中の平面図などがあれば拝見させて頂きます。)


その後、ご注文に向けてお打合せを進めていく中で、
図面作成とお見積りを重ねていき、
ご注文頂いたのち、製作に取り掛かります。


納品方法は別途、工務店様と打ち合わせさせて頂き、
無事に取り付けが完了すれば、
ご請求という流れです。


手摺の場合は、お打合せ初めから納品まで、
少なくとも2~3か月は必要となる場合が多いので、
早めのご検討をお勧めいたします。


お問い合わせはお気軽にお願い致します。
宜しくお願い致します。


HP: http.//www.halo2007.com
e-mail: toiawase@halo2007.com




  1. 2014/12/30(火) 23:39:15|
  2. 作品紹介
  3. | コメント:0

タオルバー


建築中の新居にと、
キッチンと洗面所、トイレ用のタオルバーをご注文いただき、お渡ししました。


すでに設置したキッチンのタオルバー。


できたてほやほやのすてきな家にうっとりでした!
ありがとうございました!
  1. 2014/09/29(月) 13:06:03|
  2. 作品紹介
  3. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。