鉄と木 Halo

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アイアンの値札

以前ご注文頂いた、
アイアン製の値札(プライスタグ)のご紹介です。


まずは、京都在住の女性陶芸作家さんからご依頼頂いた値札。
陶芸教室で先生もされている方です。

値札01


この値札は、
棚を作る際などによく用いる「アングル材」といわれる鉄を使っています。
アングル材は日本語では「山形鋼」ともいわれており、
お山の形をした鉄です。


サイズは、(お山の)一辺が2㎝で、板の厚みが約3㎜という小さなもの。
それをお客様のご希望に応じた長さにカットし、
面取り加工などの仕上げを施し、
表面には錆止めにワックスを塗ってあります。

表示する価格や商品名に合わせ、
左の1列分は少し長めにしてあるります。
(左一列は長さ約5㎝、その他3列は長さ約4センチ)

値札02

このように、価格を印刷したペーパーを貼るなどして使用致します。


次にご紹介の値札は、
滋賀県在住のアクセサリー作家「FIL」さんからご注文頂いたもの。

fbprice01.jpg


こちらは、約22ミリ×36ミリ、厚さ約3ミリのアイアンの板製。
面取り加工とワックスによる錆止め加工をした値札です。


こだわりはバランス。
いくつか試作して、納得いくサイズを探し出し、
お客様にご提案しました。

fbprice02.jpg

また、この商品はお客様のご希望で、
刻印による「名入れ」をしました。

使用方法は、先にご紹介の品と同じく、
印刷物などを貼って使います。

アイアン製の値札は、
紙や布製の値札とは異なり重厚感があり、
また小さくても重さがあるので安定してディスプレイできます。
そのため、屋外のイベントなど風のある場所でも使用できます。


ご希望に応じたサイズや数量に応じたご提案・御見積りをいたします。
お気軽にお問い合わせくださいませ。


失礼します。
  1. 2015/01/03(土) 17:39:46|
  2. 作品紹介
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。